【動画】競走馬が転倒した瞬間と死のトラックを目にした反応に胸が苦しくなる

恐怖
スポンサーリンク

新着記事はコチラ←new!人気記事はコチラ←fan!

2020/02/15  『小倉5R・3歳未勝利戦で藤田菜七子騎手が落馬、左鎖骨骨折』とニュースが飛び込んで来ました。

人間も大けがを負いかねない事態ですが、馬の方は命がけです。

 

◆ 競走馬は骨折すると安楽死させる

馬の体重はだいたい500kgです。1本の足だけでも骨折すると、その体重が他の3本足に負担がのしかかることになります。そうなると、健康な他の足にも、その重量によって血行障害が発生して蹄(ひずめ)の内部が炎症を起こし、骨折していない足も次々に故障が発生するのです。馬は、自分の体重を常に4本の足で支えないと生きていけないのです。

仮に、寝たままだと、皮膚が臓器や骨の重さで圧迫を受けて、人間で言えば床ずれのような状態になり皮膚が重みに耐えられません。そのため、本能的に馬は立とうとしてしまいます。

 

かつて、日本中央競馬会にて、春の天皇賞や有馬記念を制したテンポイントが骨折した際には、馬主の意向で安楽死させずに療養をしました。
しかし、結局は、骨折した足に体重がのしかかり、患部が腐敗して骨も露出します。そして、蹄葉炎を発症し約5ヶ月後に自然死しています。体重も500kgから300kgまでやせ細っていたそうで、馬にとっては壮絶な闘病生活になったことが伺えます。

 

 

↓ こちらは2020/01/05 中山第7レースの落馬の様子です。

落馬の後の馬の行動が感動的だと話題の動画です!!

馬が最後、搬送用トラックに乗るシーンがなんとも切ない・・・(´;ω;`)

【競馬】2020 中山第7レース大塚海渡と三浦皇成が落馬

 

引用元: https://benridayo.jp/anrakushi/

新着記事はコチラ←new!人気記事はコチラ←fan!

タイトルとURLをコピーしました