【胸糞注意】見ず知らずの女性を殺害した男、「脳みそ丼」を食べる。その理由を聞いてあなたは怖気が止まらない……

恐怖
スポンサーリンク

新着記事はコチラ←new!人気記事はコチラ←fan!

フィリピン・ミンダナオ島で21歳のロイド・バグトンが近所の女性を殺害した容疑で逮捕されたという。犯行当時、バグトンは酔っ払っており、空腹だったという。そこに被害者の女性が英語で話しかけてきたことに腹を立て、鉄の棒で殴って殺害したそうだ。

そして、バグトンの狂気はここからだ。

殺害した女性の首をマチェーテで切断。服に包んで、頭を家に持ち帰った。空腹だったバグトンは家で米を炊き、その上に女性の脳みそをトッピングして食べたという。人間の脳みそ丼、もしくは、脳みそのふりかけ……聞くだけでも恐ろしい。

その後、女性の頭蓋骨は家の近くの穴に捨てられた。女性の遺体は上半身裸で、両手は縛られていたそうだ。

逮捕後、バグトンに精神鑑定が行われる予定だったが、ここで更なる事件が起こった。

新着記事はコチラ←new!人気記事はコチラ←fan!

タイトルとURLをコピーしました