ペットの体内にあるICチップはどんなもの?MRIは撮って大丈夫?

癒し・感動
スポンサーリンク

わんちゃん、ねこちゃんを初め、多くの動物の体内に埋め込まれたICチップ。

近年では人間の体内に埋め込んだりもしているようですが、これって結局どんなものなのでしょう?

 

 

形状と埋め込む場所

動物用のマイクロチップというのは、いわゆる電子番号札(『電子タグ』)の中で、動物の体内へ直接埋め込む型のものを言います。このマイクロチップは、長さ12ミリ、直径2ミリ程度の円筒形をしています。内部はアンテナ(フェライト棒にコイルを巻き付けたフェライトロッドアンテナ)とIC部になっています。

この電子タグを用いたシステムは、無線による個体識別(RFID:(Radio Frequency Identification)とも呼ばれ、注射をする要領で動物の体内に埋込まれている電子タグの中に記録されている情報を、専用の情報読取機(アンテナとコントローラからなる『リーダー』)からの電磁誘導によって、電子タグに直接触れることなく動物の体外から情報を読み取り、個体識別を行うものです。

電子タグの利用は、「交通機関でのパスモやスイカ」等のICカード、「スキー場リフトの自動改札」、「自動車の生産ライン」、「高速道路のETCシステム」など、現在では広く利用されています。

特に、動物用の電子タグには、マイクロチップの他に、耳につけるイヤータグ型のもの、飲み込ませて胃の中に留め置くボーラス型のものがあり、牛や豚などの家畜に使用されています。
また、動物用のマイクロチップは、動物の体内に埋込んでも副作用などがおきないよう、外部を生体適合ガラスもしくはポリマーで密閉しています。

安全性

マイクロチップの埋込みによる動物への障害はほとんどありません。

日本国内で、動物体内に埋込んだマイクロチップの副作用、ショック症状等についての報告は、今までに1件も寄せられておりません。
動物ID普及推進会議及び日本獣医師会で諸外国の機関(WASAVAやBASAVA)での副作用の症例を調べていますが、これまでに腫瘍が認められたという症例が2件ありましたが、何千万頭も埋込まれている中の2件であり、ワクチン摂取によるアナフィラキシーショック等と比較しても、安全性は高いと言えるでしょう。

体内での移動は、それぞれのマイクロチップメーカーが移動防止措置を講じていますが、まれに起こることがあります。しかし、皮下識内での移動であり、筋肉組織に入っていくものではないので読み取りに必要な距離は確保されますので、それぞれのメーカーの作成しているリーダーの説明書に従って操作すればほとんどの場合は読み取れる範囲での移動です。

マイクロチップを埋込んでいても、レントゲン撮影(マイクロチップが写りますが)やCTスキャン操作は支障なく行えます。MRIの画像は乱れることがあり、一般の動物病院等にある磁束密度が0.5T(テスラ)のMRIでは影響はほとんどありませんが、1.5T以上になるとマイクロチップに内蔵されているフェライトコアの影響で画像の歪みが認められます。しかし、磁界によってマイクロチップから発生する力はごく僅かであり、動物の体内における影響は認められません。また、メモリの消去、変更等もなく、MRI使用後のマイクロチップ番号の読み取りに支障はありません。

いつからペットの体に?

愛玩(ペット)動物のマイクロチップに関しては、2006年、「動物愛護管理法」に基づく『動物の所有者明示措置に係る環境省の告示』により、愛玩動物の所有明示の方法としてマイクロチップによる方法が示され、関係行政機関におけるマイクロチップの読取り体制の整備及び公的団体でのマイクロチップデータ管理のあり方がしめされました。

この告示後に、それまでの民間ベースでのデータ管理を一元化すべく、大日本住友製薬株式会社と社団法人日本動物保護管理協会のデータベースが統合し、社団法人日本動物保護管理協会による全国一律の方法でデータ管理がされるようになりました。

このデータ管理の一元化と期を同じくして、ペットショップでのマイクロチップ埋込み動物の販売がはじまりました。

まとめ

ICチップによって家畜やペットはしっかりと管理されています。

今ではペットショップにいるわんちゃんねこちゃんは識別チップが入っているのが当たり前ですね!

安全であることは確認されているようで、人間の体内にいれても問題はなさそうです。

 

個人的に注目していたMRIですが磁気で使えなくなる心配はないようですね!

ただ、人間用のMRIはほとんどの病院で1.5T以上を使っており、倍の3TのMRIを使っている施設も多くあります。そうなったときにチップ自体が発熱したりする影響なども考えたほうが良いように思いました。

画像自体の影響は埋め込んだ部分にほぼ、限局するといってもいいでしょう。
銀歯があるけど、頭部のMRIを撮っても大丈夫!というイメージかと思います。

ちなみに、ペースメーカーにも厳しい条件はありますが、MRI撮影をしてもよいという環境を作ることも出来ています。

発展も大事ですが、体を壊しては本末転倒です。
健康で豊かな生活がおくれることを望んでいます。

 

 

引用元:http://nichiju.lin.gr.jp/aigo/index02.html

タイトルとURLをコピーしました