犬の臭いが気になるならパピヨンはどう?

スポンサーリンク

 

犬を飼う上で臭いがするのかって重要ですよね。
そもそも犬の臭いはどこからするのでしょう?
パピヨンの臭いはどうなのでしょう?

 

体臭が少ない犬とは?

どんな犬が臭くないか。

結論から言うと次の通りです。

  • 質の良い食事を食べている
  • 口腔ケア(はみがき)をしている
  • 肛門腺のケアができている
  • 定期的にシャンプーをしている
  • シングルコート
  • シワが少ない
  • 耳がたれていない

犬種によっていくらか差はあるものの、結局ケアが大切ですね。

 

臭いの原因

臭いの原因について少し踏み込んでみます

体臭

犬は全身に自分の匂いを出す汗腺があります。

そこから独特の臭いがします。

犬にとって自分の匂いは周囲とのコミュ二ケーション手段のひとつです。

コレ自体が悪いものではありません。

おそらくわんちゃんたちも「人間臭い」と思っていることでしょう。

対策としては食事、ブラッシングとシャンプーです。

 

犬は人間よりも皮脂がかなり多いです。

油分の多い質の悪い食事をとっていると、体臭も増すと言われています。

 

更に皮ふや被毛に皮脂が残っているとやはり臭いの原因になります。

ブラッシングとシャンプーでケアが必要です。

そして、被毛の質の違いにシングルコートとダブルコートがあります。

ダブルコートの犬種は温かい毛に包まれている分、通気性が悪く臭いがこもりやすいです。

ただし!犬にとってシャンプーは皮ふにかなり負担をかけるのでやり過ぎは禁物です。

ちなみにパピヨンはシングルコートです。

加えてシワの多い犬種、耳がたれている犬種も同じ理由で臭いがこもりやすいです。

定期的にケアをして上げる必要があります。

口臭

わんちゃんたちは歯周病の割合がかなり多いのだそうです。

口を開けて歯を見た時に黄色くなっていたり、石のようなものが歯を覆っていたら注意!

歯石が溜まって歯周病になっているかもしれません。

歯周病になると生臭い口臭がかなり強くなります。

もし飼い始めるのであれば、仔犬のころから歯磨きに慣れさせることも大事です。

よだれの多い犬種だとより臭いが気になるのでしっかり歯磨きをしてあげましょう。

ひっぱりあっこも歯石対策には有効だと思います。

 

もしも歯石が溜まってしまった場合は動物病院で取ってもらうことも出来ます。

しかし、口を触られるのはとても嫌がるので、麻酔を使ったりかなり大掛かりになってしまいます。

そうなる前に対策しておきましょう!

肛門腺

わんちゃんの個体にもよりますが、肛門腺に分泌物が溜まると臭いの原因になります。

自分で処理できるわんちゃんもいれば、定期的に絞ってあげないと溜まってしまうわんちゃんもいます。

トリミングにいけばシャンプーと一緒にやってもらえるかと思うので相談しましょう。

もしも分泌物がどんどん溜まってしまうと最終的には肛門腺が炎症を起こして大変なことになってしまいます。

臭いを防ぐのも大事ですが、健康にも関わることなのでよく知っておかなければなりません。

パピヨンの場合は?

まずシングルコートなのは大きいと思います。

パピヨンの被毛はツヤツヤなので撫でると通気性がいいのがよくわかります。

耳はたってるし、シワなし、よだれなしなのでその部分もクリア。

歯磨きに関しては、ちょっと臆病なところがあるので怖がるかもしれませんが、

しつけはしやすいので仔犬のころから歯磨きをするとご褒美がもらえると教えてあげれば大丈夫です。

ひっぱりあっこも大好きです。

まとめ

読んでいただきありがとうございました✨

最終的にはパピヨン好きのパピヨン自慢になっちゃいましたが、参考になったでしょうか😅

犬の臭いについて悩まれている方は多いと思います。

そして、歯周病や肛門腺のケアなどは健康にも関わります。

わんちゃんと仲良く健康に過ごす方法はぜひ知っておいてください。

 

この他の記事、Twitterでも診療放射線技師としての仕事情報、たねきちとの暮らしについて発信しています。

そちらもチェック!よろしくお願いします。

わからないことやリクエストがあれば、気軽にコメントやリプをお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました