シングルコートの犬種を一覧にしてみる【パピヨンはシングルコート】

スポンサーリンク
パートナーを選ぶ上で毛が抜けるのか、お手入れが大変なのかって重要ですよね。
ひとつの目安となるのが被毛の構造「シングルコート」と「ダブルコート」です。
わんちゃんの抜け毛がどうしても気になる人は、シングルコートの犬種を選べば大丈夫です!

 

シングルコート・ダブルコート犬種別一覧

まずはわんちゃんたちを2種類に分けてみます。

シングルコート

  • パピヨン
  • プードル(トイプードル)
  • ヨークシャーテリア
  • マルチーズ
  • ミニチュアピンシャー
  • グレーハウンド
  • ボクサー
  • グレートデン

ダブルコート

  • チワワ
  • ダックスフント
  • ポメラニアン
  • ゴールデンレトリバー
  • ラブラドールレトリバー
  • キャバリア
  • ボーダーコリー
  • 柴犬
  • 秋田犬
  • フレンチブルドッグ
  • パグ
  • ビションフリーゼ
  • シェットランドシープドッグ
  • ジャックラッセルテリア
  • ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
  • シベリアンハスキー
  • スピッツ
  • ジャーマンシェパード

こうやってみると明らかにシングルコートのほうが少ないですよね。

そもそもシングルコートとは?

犬の被毛はオーバーコートとアンダーコートにわかれます。

オーバーコートは1年中体を覆っている被毛です。

アンダーコートは冬になるとモコモコになる被毛です。

人間は寒いと服を追加します。

ダブルコートの犬は寒くなると、肌に近い方の毛が モッコモコ になります。

アンダーコートは春になって暖かくなると衣替えをするようにガッツリゴッソリ抜けるんです。

シングルコートの場合はオーバーコートしかないため、衣替えをする作りになっていません。

だから抜けないんです。

デメリットとしては寒さに少し弱くなります。

しかし、シングルコートのパートナーを選ぶ方は恐らく室内での生活になるかと思うので問題ないと思います。

他の犬種と比較したパピヨンの被毛

ダブルコートの犬種は春になって暖かくなると一気に毛が抜けます。

それこそもう一匹の犬が出来るんじゃないかくらい抜けます!

イメージできる方も多いかと思いますが、毎日ブラッシングしなければなりません。

 

それに対してプードルの場合は特殊で、全くと言っていいほど抜けません。

代わりにどんどん伸び続けるため、毎日のブラッシングと定期的なカットが必要になります。

ブラッシングをしなければすぐに絡まってしまうので可愛い顔とは裏腹に手間のかかる子です。

 

パピヨンはそれに比べると1年を通して少しずつ生え変わるといった感じになります。

ブラッシングと月に一回のシャンプーで足回りやお尻のあたりをカットしてもらえば、ほとんど大丈夫です!

こんな人におすすめ!

犬などのアレルギーが心配な人もシングルコートの犬種を選ぶべきだと思います。

犬や猫のアレルギーはほとんどが皮ふのクズや毛が原因となります。

抜け毛の量が減ればそのリスクも格段に減らすことができます!

 

もちろんきれい好きな方にもおすすめです。

お部屋はキレイに保ちたいけど、でもわんちゃんと一緒に暮らしたい!

そんな方はシングルコートのわんちゃんを検討してみてください🍀

まとめ

読んでいただきありがとうございました✨

シングルコートとダブルコートの犬種一覧を紹介しました。

わんちゃんは飼いたいけど、被毛のケアが心配!

という方は多いと思います。

知らなかった!という方はぜひシングルコートのわんちゃんを検討してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました